有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 新卒採用

リスクアドバイザリー事業本部長:
木村 研一

企業価値を守り、発展の土台をつくる。
それがリスクアドバイザリーの仕事。

Q.リスクアドバイザリー事業本部の主な業務を教えてください。

A.私たち有限責任監査法人トーマツのリスクアドバイザリー事業本部では、ガバナンスとリスクマネジメントをコアのビジネスドメインにしています。組織は大きくインダストリーとコンピンテンシーの2つの事業部に分かれています。インダストリー事業部では、レギュレーションサービス、つまり法令や規制変更の影響を受けやすい金融、ライフサイエンス、ヘルスケア、電力・通信などのインフラ、あるいは存在が法令に基づいているパブリックセクターに対するサービスから発展し、今まで自動車・TMT(※)・マニュファクチャリング・小売サービスなど多くの産業をカバーし、グローバルなリスク管理を支援しています。経営者は刻々と変わる会社の状況を把握していく必要がありますから、インダストリー事業部のプロフェッショナルはレギュレーションに詳しいのはもちろん、業界全体の動きなども知る必要があります。

※TMT: Technology・Media・Telecomの略

コンピテンシー事業部は、様々なリスクマネジメントの専門分野のサービスを展開しています。たとえば昔から提供している業務として内部統制や内部監査のアドバイザリーがあり、内部管理体制の強化は大きな柱としてあげられます。またほかにも、IT専門チームがあります。いま、企業にとってITは欠かせないものであり、ITの活用がリスク管理の徹底につながります。リスクマネジメント、コンプライアンスの仕組みづくりにおけるIT関連サービスのほか、ITガバナンス、データガバナンス、そしてサイバーセキュリティのような情報テクノロジーにフォーカスしたリスクマネジメントも対象にしています。さらにAIやアナリティクス技術を活用した高度化、効率化、アプリケーションソフトの開発も行い、サービス提供のあり方の変革を行っています。公認会計士をはじめとした会計に強い人材も多数所属しています。

トーマツのリスクアドバイザリーの特徴としては、有限責任監査法人トーマツの中の組織であることがあげられます。そして監査法人の最大の特徴は、存在意義が法律で定められていることです。公認会計士法の第1条には「国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする」と明記されており、会社の公正な事業活動を図ることが意義として書かれています。リスクアドバイザリーもまた会社の価値を守ることを方針としていますから、業務内容は違えど、同じ目標をもって仕事にあたっているのです。また、デロイト トーマツグループにはコンサルティングビジネスを担う法人もありますが、経営を伸ばし、新しい事業を開発するのが経営コンサルタントであるのに対し、企業価値を守り、その中で発展の土台をつくるのがリスクアドバイザリーであると言えます。

Q.リスクアドバイザリーへのニーズはどう変化していますか?

A.近年、企業や組織の社会的責任は非常に大きくなっています。会社のビジネスを伸ばしてきた方が取締役になり、今度は会社の将来を設計していく立場になれば、当然、自社のリスクマネジメント、つまり攻撃だけでなく防御も十分なのかを把握しなければいけません。
企業の社会的責任が大きくなればなるほど、私たちへの期待やニーズも大きくなっていきますし、私たちは取締役の悩みに応え、寄り添える存在でいなければなりません。

Q.トーマツのリスクアドバイザリーの強みはどのような点にあるのでしょうか?

A.私たちの最大の強みは総合力です。リスクアドバイザリー業務を行う会社はいくつもありますが、デロイトはグローバルで5つのリスク領域に分けて展開しており、それは全世界共通のものです。

1つ目が事業戦略を行う上で、許容可能なリスクや想定されるリスクをどう管理・対応するかに関するサービスを提供する「ストラテジック&レピュテーションリスク」。2つ目が、規制や法令の影響を受けやすい金融機関・ライフサイエンス業界などに対して、リスク管理体制の整備や、動向予測による戦略立案策定支援などを行う「レギュラトリーリスク」。3つ目が金融機関や財務部を対象に、リスクのガバナンス、リスク管理のためのプロセスや報告体制の整備・適正化支援を行う「ファイナンシャルリスク」。ここでは日米会計基準、IFRS、日米SOX、上場規則、企業財務に精通した会計バックグラウンドの専門家が数百名いるのが強みです。4つ目が主にITを用いた日常的な業務で発生するリスクに対して、第三者的な立場での評価や構築支援および内部監査のサポートを行う「オペレーショナルリスク」。そして5つ目がサイバーセキュリティ対応に関して、戦略立案や体制構築インシデント対応支援を提供する「サイバーリスク」です。

これらを専門性高く総合的に全世界的規模でサービス展開しているファームは他にないと自負しています。デロイトのリスクアドバイザリーには現在、日本に約1,700名超、世界で約5万人超が在籍し、個々のリスク要因ごとに専門家が協働しサービスを提供しています。また、グローバルで統一したサービスをできるということは、各国の得意な分野を持ち寄ってシェアできますし、お客様の海外子会社などに同じサービスを提供できることも圧倒的な強みです。組織規模の大きさ、リスク領域の専門性の高さ、国際対応力の高さ、第三者性を総合力で発揮できるところが我々のもつ強みであります。

Q.トーマツで働くことの魅力を教えてください。

A.トーマツに入社する方はそれまでに多くの経験を積み、知識面でも素晴らしいものを持っています。そうしたスキルや知識も1人では限界がありますが、2人集まれば倍になります。そして、さきほども申し上げたように、日本だけでも約1,700名超、世界で約5万人超のリスクアドバイザリーの専門家がいますから、デロイトには想像もつかないほどの知見が集まっているわけです。ただし、黙っていてもその知見は集まってきません。お客様から問題を聞き取り、そのお客様は何を実現したいかを自分の口で表現することができれば、必ずいろいろな人が集まってきます。入社間もない人もマネジャークラスの人も集まって積極的な意見交換ができる、そんな風通しの良さはトーマツの風土として誇れるものです。

お客様からは「トーマツはとても熱心に自社のことを考えてくれる」という言葉をいただきますが、これもまたトーマツで働く人の共通項と言えます。お客様のことを絶えず考え、お客様の課題解決に対して、それを実現するための社内の知見を集め、どうすればベストを尽くせるだろうかと、すべてのリスクアドバイザリーのプロフェッショナルが日々考えています。

Q.リスクアドバイザリー事業本部が求める人物像を教えてください。

A.いちばん大切にしているのは、監査法人の使命である、社会やクライアントの健全な発展のために貢献したいという意欲です。トーマツとして利益を上げるのは大事ですが、目先のビジネスで稼いでやろうという気持ちでは、お客様に寄り添うことはできませんし、監査法人としての公正性を保つこともできません。
そして、必ず備わっていてほしいのは、自分の専門知識への自信と学び続ける姿勢です。何か1つ専門分野があれば、それを軸に他の専門家と知見を組み合わせることができますし、同時に法律や技術の変化についていく柔軟性と知識欲を持った方であれば、きっとトーマツで活躍していただけるはずです。

Q.リスクアドバイザリー事業本部の今後のビジョンを教えてください。

A.デロイトにはリスクアドバイザリーのグローバルの組織があるのですが、日本のリスクアドバイザリー事業本部は中国、東南アジアとのコラボレーションビジネスを展開したり、全世界のリスクアドバイザリー組織と人材の交流を大規模に行っています。海外で働ける機会はたくさんあります。
また、日本にもたくさんのデロイトメンバーファームからのプロフェッショナルが働いています。
リスクアドバイザリー事業本部の設立から約5年経ち、リスクアドバイザリー分野はまさにこれから大きな発展をとげていく段階です。
デロイトの他国メンバーファームと比較しても日本はもっと成長できることは明らかです。ぜひ一緒に成長を見つめていただければと思います。

Q.この業界を目指す学生の方へメッセージをお願いします。

A.この仕事には、世の中のことに興味を持ち、少しずつでも吸収していけるような勉強熱心な人が向いていると思います。お客様に興味を持たないと私たちの仕事は成り立ちませんし、世の中の流れを知った上でお客様の悩みを聞くと、よりそれが立体的に見えてきます。また、海外に興味を持っていることも仕事に役立ちます。デロイトにはグローバルなビジネス拠点がありますし、海外の人や文化、政治・経済情勢を知ることで、お客様が抱える課題の背景まで想像する力が高まります。
リスクアドバイザリーには、お客様自身も気付いていない悩みの全体像を引き出したり、その悩みに思いをはせる能力がいちばん大事かもしれません。

トーマツには実に多くのスペシャリストが集まっており、中途採用の人はすぐに活躍できる良さがあります。一方で、私たちの組織文化を継承し、さらに伸ばしていけるのは、柔軟で、何事も吸収できる新卒の方だと考えています。
トーマツには海外派遣など、若い時から知見や経験を積み、日本に戻ってそれを生かせるような取り組みもあります。これからのトーマツを担う真のリスクアドバイザリーは新卒の方からぜひ育っていただきたいですね。