有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 キャリア採用

人材育成

多種多様なカリキュラムにより、知識やスキルの習得に
とどまらず、健全な経済社会の発展に貢献し、
高い志を兼ね備えたプロフェッショナルの
育成に取り組んでいます。
一人ひとりの日々の成長をバックアップするために、
育成に重きを置いた成長を加速する評価制度を取り入れています。

「人財」こそがトーマツの品質の基盤

トーマツの人材育成の基本理念は、「経済社会からの要請に真摯な姿勢で誠実に対応し、高品質な業務を提供する、信頼性の高いプロフェッショナルを育成・輩出する」ことです。この実現のために、一人ひとりの経験や能力、求められる専門性に応じた多種多様なカリキュラムを充実させ、知識やスキルの習得にとどまらず、健全な経済社会の発展に貢献し、高い志を兼ね備えたプロフェッショナルの育成に取り組んでいます。
高品質な業務を提供し続けるため、各構成員に明確な期待役割を設定のうえ、技量・能力を現場や研修で磨きつつ、上位者やコーチとの面談や頻繁なフィードバックを通じて成長を促進しています。

個々の成長に必要な人材育成サイクル

  • Expectations

    パフォーマンスマネジメントの要として、各構成員に明確な期待役割を設定し、本人の強みに焦点をあてた頻繁なフィードバックを行うことにより、本人の成長を促します。

  • Experiences

    各構成員が、各自のスキルを実践して成長できるように、チャレンジングなアサインやグローバルなモビリティなどの現場での経験を通じた人材育成の機会を提供します。

  • Exposure

    各構成員の成長を中長期的に見守るコーチとの関係を構築・継続し、面談などを通じて経験、成長や成功体験を共有する環境や仕組みを整えます。

  • Education

    各構成員に一貫性があり業務に必要なテクニカル、インダストリー、プロフェッショナル、リーダーシップに関する能力を身に付けてもらうため、グローバルで共通のカリキュラムと革新的な研修テクノロジーを推進します 。

育成に重点を置き、成長を加速する評価制度(RPM)
RPM(Re-inventing Performance Management)

グローバルと共通のツールを5つ用いて「継続的なフィードバック」「適時のパフォーマンス確認」を行うことで、一人ひとりの日々の成長をバックアップします。
  • Check-Ins

    (タイムリーで高頻度なフィードバック)

    上位者が期待役割を設定の上、タイムリーかつ継続的に動機づけやフィードバックを行うことで、個人のパフォーマンスおよび評価の妥当性の向上を目指します。

  • Career Counseling

    (個人の強みや中長期的なキャリアを意識した対話)

    コーチと本人で、四半期に一度面談をし、個人の育成にフォーカスしたコミュニケーションを行うことで、一人ひとりのパフォーマンス向上を目指します。

  • Talent Reviews

    (育成のための議論)

    コーチと部門長が一人ひとりに焦点を当て、定期的に昇降格の検討や育成計画について議論を行い、個人のパフォーマンスに応じた処遇・育成を推進します。

  • Performance Snapshots

    (プロジェクト評価)

    四半期ごとやジョブ終了時に、個人のパフォーマンスを測定します。

  • Pulse Surve

    (チームのエンゲージメントサーベイ)

    サーベイを用いてチームの状況を定期的に確認し、チームのパフォーマンス向上を目指します。

現場で役立つ実践的な研修

リスクアドバイザリーでは、「シニアスタッフまではプロフェッショナルとしての強みをつける」「マネジャー以上は強みを活かす」という育成方針のもと、習得したナレッジを業務に即座に生かすことのできる実践的な研修に注力しています。特に、新人研修は約1カ月の期間を設定しており、ビジネスマナーや議事録の取り方から始まり、現場ですぐに役立つ内容を学びながら、同期とのネットワークも構築できるため、毎年のアンケートで好評となっています。

東京(品川)と京都にあるプロフェッショナル・ラボ(研修センター)へは専用の設備を整えるなど積極的な投資を行い、研修に集中して取り組める独自の空間を創出しています。


▲3面に投影スクリーンを配置したワークショップ型の研修ルーム

▲新人研修時の様子/コミュニケーションエリア