有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 キャリア採用

お客様や周りが自然と自分を高いレベルに引き上げてくれる

Q.アカウンティングアドバイザリーの仕事内容について教えてください。

アカウンティング&ファイナンス/
アカウンティングアドバイザリー

シニアスタッフ

〈2015年9月入社〉

A. 主に国際会計基準(IFRS)の導入を検討しているお客様にアドバイザーとして入り、その支援を行っています。
ビジネスがグローバル化するなかでIFRSの導入はトレンドとなっていますが、日本の会計基準から国際的な基準に揃えるには多くの課題もあり、それを解決することが仕事になります。

Q.この仕事を選んだ理由を教えてください。

A. 私は会計士試験合格後は事業会社で経理の実務をしていました。
そこで自社のIFRS導入を経験したことで、会計の専門知識を持つプロフェッショナルとして企業を外から支援できる仕事がしたいと考え、この職種を選びました。トーマツを選んだのは、監査法人系のアドバイザリーでは業界最大手であることや、IFRSの支援実績や知見も多く、自分の経験がいかせると感じたことが大きいですね。
実際、アカウンティングアドバイザリーに求められるのはゼロから、もしくは現在の状況を整理して、新しい業務プロセスを作っていくというものです。
ただ、それには一般的な実務の流れを把握したうえで、さらにあるべき姿を知っていないとできないため、前職の経験が非常に役に立っています。

Q.入社前のトーマツのイメージはどのようなものでしたか?

A. 入社前は一人一人が個々のプロフェッショナルとして独立して働いていて、どちらかというとドライな雰囲気かなと考えていたんです。
でも実際に働いてみると、上も下も分けへだてなく、さらには他の部署のメンバーとも協力しながらお客様に質の高いソリューションを提供しようという意識がとても高く、そこはイメージと違ったところでした。
でも、今はそうした人間味あふれる働き方や、結束力の高さこそがトーマツの強みのひとつだと感じています。

Q.どんなときに仕事のやりがいを感じますか?

A. お客様自身が見えていないニーズや課題を可視化して、何が重要で、何が重要ではないかを伝え、それに対してどのようなアプローチでゴールまで導くか。
そうしたソリューションは、我々アカウンティングアドバイザリーにしかできない仕事ですし、そういったところをしっかりとサポートできるのがこの仕事のやりがいだと思います。

Q.トーマツで働くことの魅力はどんなところですか?

A. トーマツは扱う案件の規模が大きく、社会からの期待を感じることができます。そうしたチームの一員として、お客様の課題を解決する一助となれるのは非常に大きな魅力です。
また、トーマツには各専門分野のスペシャリストがたくさん集まっているので、一緒に仕事をすれば自然と知識や刺激を得られ、自分の成長につながります。
もちろん、周りのレベルやお客様の高い要求についていくだけの胆力は必要ですが、挫けずについていくことができれば、高いレベルに引き上げてもらうことができるのも魅力です。
一方で、この仕事には会計の専門家としての知識はもちろん、お客様のニーズや状況を踏まえて、どういった進め方が適切であるかをイメージできることが求められます。
言い換えればこの仕事にとっていちばん大事なのは“人間力”だと思います。

所属部門をみる