有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 キャリア採用

ファイナンシャルインダストリー

ファイナンシャルインダストリーは、以下のセクションに分かれております。
ご覧になられたいセクションをお選びください。

クライアントのニーズに対して断らない組織

現在、金融機関の直面している環境は、Fintech, ブロックチェーン、AIといった新しい技術の台頭により劇的に変化しています。過去にこのような短期間で劇的な変化が金融機関に影響を与えたことはありません。さらに金融機関はその顧客のグローバル展開に合わせて、自らもグローバル展開を加速しています。
金融機関は、このような劇的な環境変化に対して、伝統的なビジネスモデルを変革し、ガバナンス、組織、人材、システム、企業カルチャー等を柔軟に対応させ、持続的に成長可能なビジネスモデルの定着を進めて行く必要があります。私たちも、この動きを的確にとらえて様々なニーズに対応して行く必要があります。クライアントのニーズには、個人のノウハウでは対応できない事も多くあります。
しかしながら、私たちは、様々な知見を有するプロフェッショナル集団です。この様々な知見を柔軟に活用して高い付加価値を創造できる集団であり続けたいと考えています。

多種多様な人材を許容する組織

私たちのクライアントは、銀行、証券、保険、クレジットカード会社、リース会社、アセットマネジメント会社にとどまらず、今後は、新しい技術の台頭により参入障壁が低くなった金融ビジネスへ経営多角化を図る一般事業会社も含めて、幅広い業種をカバーする事になります。
そうした幅広いクライアントに対して、コンプライアンス、リスク管理、内部監査、内部統制(SOX及びJSOX)、規制対応及び規制調査(国内、海外)、不正対応、その他内部管理態勢(顧客保護、フィデューシャリー・デューティー等)など様々な業務を提供していかなければなりません。
さらに、国内のクライアントだけではなく、Deloitteの各国メンバーファームとの連携により、クロスボーダーでサービスを提供出来る能力も求められます。私たちは、これらをカバーする専門家集団であり続けるため、常に多種多様な人材を求めており、様々な経験を有する人材の宝庫です。
このような高度な専門家集団が提供するサービスであることにより、クライアントにもその提供価値が認識され、絶え間なくサービスの提供依頼をいただいています。

Open & Flat かつ女性に優しい組織

私たちの組織は、オープンでフラットです。個々が一人の専門家であり、その能力を尊重し専門家として対等(Flat)な関係を築くと共に、上下に関係なくコミュニケーションし易い環境(Open)を有している組織です。Open & Flatな環境に最初は戸惑うメンバーもいますが、その内に心地よいと感じることが多いようです。また、女性にも優しい組織です。
スタッフとしてトーマツに入社後に二人の子供を出産し、現在マネジャーとして活躍しているメンバーもいます。さらに、家族の海外転勤に合わせて休職、その後復職したケースもあります。女性のライフステージや環境変化に合わせ、柔軟な働き方を選択できる組織です。

高度な専門家集団によるサービス提供

金融機関は、監督官庁、株主、顧客、金融市場などのステークホルダーから、厳しくモニタリングされ、高いレベルの要求を受けています。
そのため、金融機関が我々に求めるアドバイザリーサービスのレベルは非常に高く、それに応え続けるためには、「高度な専門性の追求」「クライアントの期待を超える革新的なサービスの提供」「困難な業務でもやり遂げる強いマインド」が不可欠です。
FSIコンピテンシー(FE/ADV)はそのような集団であり続けたいと考えており、また、それに共感しそれを目指す方々をチームメンバーとして迎え入れたいと考えています。

豊富なクライアント層を持つ強固な事業基盤

FSIコンピテンシーは、銀行、証券、保険、リース等幅広いクライアントに対して、継続的にアドバイザリーサービスを提供しています。
また、依頼いただくアドバイザリーサービスの内容は、年々、広くかつ深くなってきています。このことは、我々が「真に信頼されるビジネスパートナー」としての地位を確立していることの現れであり、これこそが我々の存在価値と言えるでしょう。
FSIコンピテンシーは、今後も高度なアドバイザリーサービスを提供し続けることによってクライアントの経営課題を解決し、もって、健全な経済社会の発展に貢献したいと考えています。

豊富なキャリアパスによる個々人の成長の支援

前述のとおり、FSIコンピテンシーが提供するアドバイザリーサービスは、広くかつ深くなってきています。そのようなクライアントのニーズを満たすためには、多様な人材が有機的に連携することが必要です。
具体的には、極めて深い専門性を有する人材、海外のデロイトメンバーファームと連携して業務を提供できる人材、クライアントとともに汗水を流して課題を解決する人材などです。
我々は、そのような人材になるための投資を躊躇いません。アドバイザリー業務を通したOJT、監督官庁等外部機関への出向、海外メンバーファームへの派遣などによって、個々人の成長を支援します。
それが、クライアントから真に信頼されるビジネスパートナーであり続けることにつながると信じているからです。

インタビューへ