有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 キャリア採用

アカウンティング&ファイナンス

財務会計領域におけるアドバイザリー業務を提供します。クライアントの会計制度対応の他、財務経理部門におけるエネーブラー(プロセスや規程類、組織や人材、ITシステム)の構築・改善サポートを実施することで、財務経理部が抱える課題を解決し、クライアントの企業価値創造最大化をサポートします。

財務経理部門は、財務会計領域において適切な制度対応を行うことが重要です。
アカウンティング&ファイナンスでは、IFRS、USGAAP、日本基準などの会計基準制度対応、海外へのIPO支援を含む各国資本市場における規制対応等のアドバイザリー業務を実施しています。
また会計制度・規制対応のみでなく、プロセスや規程類、組織や人材、ITシステムなどのエネーブラーの構築・改善サポートも重要であり、例えば決算早期化支援やRPAを含む経理・決算業務プロセスの効率化、また、クライシス発生時の内部統制整備サポートなど、財務会計領域を幅広くとらえ、財務経理部門の抱える広範な課題を解決するためのアドバイザリー業務を実施しています。
グループ経営管理の高度化領域におけるアドバイザリー業務を提供します(EPM: Enterprise Performance Management)。グループ経営管理の高度化をサポートすることで、クライアントの企業価値創造最大化をサポートします。

クライアントを取り巻く環境が大きく変化し、事業規模の拡大や複雑化等が進行するに伴い、財務経理部門が担うべき意思決定支援機能の重要性は一層高まってきています。
真に経営判断に資する情報を提供する仕組みを整備するには、企業戦略を立案し、それを実行するためにどのような制度設計をすべきか(例えば、企業の状況に即した管理会計制度のあり方や、将来予測を取り入れた予算管理のあり方等についてルールを定めること等)、またシステムでどのように実現するのかを見通したうえで、プロジェクトを遂行する総合力と、高度な会計・経営管理領域に関する専門的知見が求められます。
グループ経営管理の高度化は、ERPや連結システム等の再構築を伴うケースが多くあり、プロフェッショナルには基本構想の策定、プロジェクト計画、要件定義、設計・開発・テスト、移行、運用といった各フェーズを遂行する能力が必要です。
そのため、コンサルティング業界における豊富な実務経験や高い専門性はもちろんのこと、大胆な構想力と冷徹な分析力、クライアント自身を動かす情熱や変革力を有するプロフェッショナル人材をお待ちしています。
M&A・投資マネジメント領域におけるアドバイザリー業務を提供します。
投資管理領域に重点を置くことで、クライアントの企業価値創造最大化をサポートします。


企業の成長戦略において、投資意思決定は不可欠であり、また投資実行のみならず、投資後のモニタリング・ガバナンス強化等も非常に重要です。
アカウンティング&ファイナンスでは、M&A実行時の財務デューデリジェンス、バリュエーション、投資実行後の子会社管理体制の整備支援、決算早期化支援、内部統制整備助言、投資モニタリング支援等、投資マネジメントサイクルの各段階における幅広いアドバイザリーサービスを提供しています。また、投資基準の設定、リスク定量化等、投資マネジメントの前工程に係る領域にも業務を拡大しており、投資領域を切り口に、クライアントの成長を支援しています。
アカウンティング&ファイナンスは、会計と財務領域のプロフェッショナルとして、メンバー全員が投資マネジメント領域におけるクライアントのニーズに応じて様々なサービスに関与できる点が特徴です。会計監査や経理実務等で身に着けた知識・経験を活かす場としては最適な環境であり、クライアントの成長に貢献すべくプロフェッショナル精神をもって一緒にチャレンジしたい人材をお待ちしています。

インタビューへ