有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 キャリア採用

西日本リスクアドバイザリー部

システムリスクという専門性を武器に、企業や社会に貢献

私たちの主力業務には「システム監査」と「システムリスクコンサルティング」があります。上場企業は、自身の財務諸表が信頼できるものであるかについて監査を受けなければなりません。
現在の企業経営では、会計とITは不可分であり、監査を行う際には、企業の情報システムが適切にコントロールされているかを評価することが必要となります。企業活動がシステムに依存し、さらに複雑化、高度化しようとする現在、システムリスクに対する専門家への期待が高まっています。
そして専門家に求められるものは、システムに関する知識だけではなく、組織体制や内部統制、監査に対する知見やリスクに対する感度であり、これらの専門性を常に磨いておく向上心です。
「システムリスクコンサルティング」は、ITガバナンスの強化など、システム監査で培ったノウハウを活かしてクライアントの成長や課題解決の支援のために提供するアドバイザリー業務で、高い専門性が求められる、やりがいがある仕事です。
トーマツでは、研修やOJT、詳細なマニュアル等を通じて、リスクとは何か、それを低減する統制とはどうあるべきかなどを身に着けることができます。
監査である以上、内部統制に不備があればクライアントに対して改善をお願いすることになります。時として、これらの業務は双方にとってきついときもあるかもしれませんが、私たちが企業に改善を促すことによって、企業の内部体制はより強度を増し、企業の安定や成長に寄与することができます。そして、それがトーマツやあなたへの信頼に変わります。

グローバルの知見を地域クライアントに提供し、地域の発展に寄与する

今私たちが力を入れているサービスに、デジタル化、サイバーリスクやGRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)助言業務があり、私たちは、西日本独自で、または東京や大阪のメンバーなどとチームを組んで、金融機関や事業会社、地方公共団体など幅広いクライアントにサービスを提供しています。
例えば、デジタル化ですが、Fintech、AIやロボティクス、チャットボット、ビッグデータなど、新たなデジタル・トランスフォーメーション・テクノロジーの動きは加速しています。
企業が経営を効率化し持続的成長を遂げるには、これらをいかに自社にあった形で取り込んでいくかが重要です。私たちは、デロイトの持つグローバルの知見を活用し、クライアントに対して、デジタル・トランスフォーメーション・テクノロジーを活用した業務の効率化や新たな事業戦略などのソリューションの提供を行います。
サイバーセキュリティも同様です。刻々と変わるサイバーインシデントに対応し、常に最新の知見を身に着けるため、サイバーセキュリティ専門部隊であるデロイト トーマツ リスクサービスと連携協働し、CSIRT構築やサイバーセキュリティ診断などの業務に当たっています。
クライアントの要望をかなえるために必要な知見を東京やグローバルなどから集め、それを提供することで、クライアントの成長、ひいては私たちが住む地域の発展に寄与します。

企業等の成長を継続的にサポートし、自らも成長する

私たちは、西日本地区に根を張って、監査クライアントを含む多くの企業や地方公共団体、学校法人などに対して中長期的にサービスを提供しています。私たちが提供する業務は、社会の変化や顧客のニーズにより拡大し、またクライアントの範囲も拡大しています。
しかし私たちが目指すのは、一時的なコンサルティングではなく、監査・アドバイザリーサービスを通じて地域企業等を継続的にサポートするという点では変わりません。
私たちは、企業を理解し、その変化・成長にじっくりと向き合い、その企業のために最善と思うことを提案します。しかし一方で、私たちが向き合う企業のシステムや内部統制、ガバナンス等は日々進化し複雑化しており、このような企業の成長を継続的にサポートするためには、自らも常に専門性を磨いていくことが必要不可欠です。そして、ここに自らの継続的な成長機会もあります。
西日本リスクアドバイザリーでは、様々な研修等を通じて成長をサポートするほか、より専門性を高めるため本人の希望も聞きながら、2、3年の政府系機関や東京事務所、海外等への異動のチャンスも提供しています。
自己成長とクライアントや社会への貢献を目指す人を私たちは求めています。
そしてあなたの自己成長が実現できるように私たちはサポートします。一緒に働きませんか。

インタビューへ