有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 キャリア採用

農林水産ビジネス推進

変革のプレッシャーにさらされているクライアントを成功に導く

農林水産業は多様化する消費者や需要者のニーズに出荷量や価格等で十分に対応できず、その結果として海外からの原材料輸入の増加が加速し、国内の産出額は減少の一途をたどっています。さらに、国内の人口減少の影響を受け国内需要は縮小する傾向にあります。
このような市場環境を前に、担い手の世代交代は進まず、生産者の減少に歯止めがかかりません。日本の農林水産業は競争力を失い、産業としての成長の道筋を見いだせずにいます。
こうした状況を踏まえ、国は成長戦略のひとつに農業を掲げ様々な業界変革を促しています。
我々は、大きな変革のうねりを起こそうとしている農林水産業界に対して、国・地域行政、生産者団体などに対する地域産業振興プランの策定から、生産者・生産法人、流通・加工事業者に対する事業戦略・事業プランの策定、実行に至る幅広い支援を提供しています。

バリューチェーン全体を俯瞰したソリューション提供にコミットする

農林水産業には生産、流通・加工、販売に至るバリューチェーンの各段階は複雑に構成され、多くの小規模事業者によって支えられています。
特に特徴的なのは、市場を介する取引が一般的であり、市場より上流は農林水産省、下流は経済産業省と管轄する官庁が異なります。
各産業が発展する過程においては、バリューチェーンは垂直統合され、各段階間にある無駄・ロスを省くことでコストダウンを図り、製品の価格競争力を向上させてきました。またバリューチェーンの統合は、生産と消費を直結することで、消費者ニーズの変化、さらには消費者のニーズ変化への対応に直面している実需者のリクエストへの対応力を高めることを可能にします。その結果として生産物の付加価値を多面的に高めることが可能になります。
我々は、農林水産業を生産者の目線だけでなくバリューチェーン全体を俯瞰して把握することで、他産業における成長・発展の過程で実現させてきた変革ソリューションを、当該業界の変革にいかす支援を提供しています。

深い業界知見を生かした実効性の高いサポートに徹する

農林水産業およびそのバリューチェーンには、他産業と異なる様々な特徴があります。この特徴こそが農林水産業の持続性を支えてきたとも言えますし、産業としての発展を阻害しているとも言えます。
他産業で成功したビジネスモデルであっても、農林水産業の特徴を無視した移植であれば失敗しかねません。
我々は、農林水産業に特化して知見を蓄積している専門コンサルタントであり、常に農林水産業の発展について考え貫いています。
メンバーの中には農林水産ビジネスの現場で活躍してきた者もいますし、業界の多くの主要プレイヤーとのネットワークも有しています。
また、我々独自の実証事業を通して課題の洗い出しを行うなど、事業モデルの実効性を損なわせている課題を実体験する取組みも行ってきました。
こうした活動を通じて蓄積したナレッジこそが、我々が国内有数の農林水産ビジネス専門のコンサルタント集団として、実効性の高いソリューションを提供することを可能にしています。

インタビューへ